白い錠剤を持っている女性

幸福ホルモンの薬

人のカラダの中にはさまざまなホルモンがあります。たとえばよく知られているのは男性ホルモンや女性ホルモンといったもの。
これらはそれぞれ、「男性らしさ」「女性らしさ」をつくる働きがあります。男性っぽい骨格、女性らしい心の働きなどをつかさどっているホルモンです。
ホルモンとは人の体や心をつくっているものである、と言ってもいいかもしれません。
そんなホルモンのひとつを医薬品に仕上げたのが、オキシトシンスプレーです。「スプレー」ということからもわかるように、この薬は液薬を噴射するタイプの薬です。口のなかにシュッシュと3回吹きつけ、飲み込むだけ。それだけで効果を発揮します。
具体的には、オキシトシンスプレーは異性に対して積極的になれないという人にオススメの薬です。オキシトシンは、人の「幸福感」をつかさどるホルモンなのです。目の前にしている人、特に異性に対する警戒心や恐怖心が薄れ、「この人と一緒にいて幸せだ」という気分を呼び起こします。
「幸福ホルモン」という別名もあるくらいで、オキシトシンスプレーの使いみちはさまざま。
たとえば幸福感を増幅させるということでうつ病一歩手前、という状態の人にも効きますし、性行為の前に使うカップルもいるようです。
うつ防止の薬として、あるいはちょっとした「媚薬」として使われているのです。
媚薬といえば、何かアヤシゲな精力アップの成分が入っているヘンな薬……という印象を持つ人も多いかと思いますが、オキシトシンスプレーは幸福感を増幅させ、スキンシップの快感を高めることで自然に心の状態を高めることができる優れた媚薬なのです。