白い錠剤を持っている女性

気分をアゲる薬

このところずーっと気分がすぐれない。もう何が理由か分からないけど、とにかく落ち込んじゃってヤバい。いわゆる「病んでる」って感じ。
このままだとうつ病とかになっちゃうかも……?

そんな不安を抱えている人は、けっこう多いと思います。
何しろこの現代社会、テレビを付ければ暗いニュースばっかりだし、ひいきの芸能人はゴシップばっかり出すし、国際情勢も依然として緊迫中。仕事は大変だし家庭もビミョーだしご近所問題なんかもあるし……と、多くの人が閉塞感を覚えている時代。心が鬱々として、ついには楽しいはずのことまで素直に楽しめなくなってしまう、というところまで人はすぐに行ってしまう時代です。

というわけで、ルボックスの登場です。気軽に使える薬ですが本来はうつ病治療の薬なので、飲み方については気をつけましょう。
ルボックスは、主成分のフルボキサミンマレインという成分が脳に働き、心を落ち着かせる働きをします。具体的には、気持ちがスーッとラクになる、そんな感覚を覚えるときに脳内で働いているセロトニンという神経伝達物質の分泌を充実させる効果があります。
無理やり気持ちを引きずり上げるような薬ではなく、ルボックスは自然に気分をアゲアゲな状態にしてくれる薬なのです。
神経伝達物質のセロトニンは心を落ち着かせ、集中力をアップさせる働きもします。
何かしなければならないことがあるけれど集中力がどうしても続かない……そんな自分の性格に悩んでいる人にも、ルボックスはオススメです。